多様性はあるScalaの魅力

Javaの次はScala!取得するなら今がチャンス

scalaの有用性

scalaを使いこなすことができるプログラマやエンジニアへの期待の声が大きく高まっています。scalaとは、2003年に開発されたプログラミング言語のことであり、現在のネットワークサービスを語る上でも重要な役割を果たしています。オブジェクト指向言語と関数型言語の両方の言語を使うことができるのが、最大の魅力といわれています。

IT関連企業や情報通信事業者では、scalaに精通しているプログラマやエンジニアの数を増やすことが理想的としながらも、まだまだその数が足りていない実情を嘆いている光景がたびたびのようにクローズアップされています。現在のギャップといえるのではないでしょうか。むろん、各企業においては、そのギャップを埋めるべく対策を講じていることも事実です。定期的に勉強会を開催したり、研修会やセミナーに参加させたりなどの取り組みを図っています。

プログラミング言語については、次から次へと新しいものが開発されていますので、それぞれの言語についての有用性をしっかりと見極めることも重要といえるでしょう。ネットワークの活用については、日本国内のみならず、世界を視野に入れることが重要です。そういう意味では、過去の成功事例や固定概念を捨て去ることも大切な要素です。活躍を続けるプログラマやエンジニアには、直面する課題にきちんと対峙する能力を持ち合わせていることも大切です。ギャップを解消することはもとより、更なる飛躍が求められています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です