多様性はあるScalaの魅力

Javaの次はScala!取得するなら今がチャンス

需要が高いscalaのメリットとは

プログラマは、IT技術職の中でも個人作業が多いのが特徴の1つ。基本的な仕事内容は、必要とされるプログラミングを作成することです。この時に重要なのが、どのプログラム言語を利用するかということで、人それぞれ使い勝手の良いもので構わなく、クライアントから支持される場合を除き、個人の選択に任せることが多いです。

その中で需要が高いのが、scalaというプログラミング言語です。特徴は、オブジェクト指向と関数型プログラミングの両方を行えるところで、使い方をマスターすれば幅広い作業が行えるようになります。またJavaとの互換性も高く、こちらの面でもメリットが大きいと考えられるでしょう。プログラミングは、クライアントから要請を受けて作成していきますから、作業効率の良さが重要になります。受注される内容によっては使用する言語を変えなければいけないケースもあり、それぞれの特徴を知って使いこなすこともプログラマには求められます。

また現代のプログラミングは、やや面倒な部分もあります。これまでは、パソコンのOS違いにだけ注意をすればよかったのですが、今はインターネットに接続するデバイスの種類が増えて、パソコンだけではなくスマートフォンやゲーム機なども視野に入れる必要がでてくるのです。理想はすべての機種に対応することですが、これはかなり難しい問題になります。使い勝手の良いプログラミング言語を選ぶなら☆☆今から始めるなら「Scala」でしょ!☆☆コチラを要チェック。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です