多様性はあるScalaの魅力

Javaの次はScala!取得するなら今がチャンス

魅力的な言語scala

scalaプログラマは何故その言語を使うかというと幾つかの理由があります。JavaVirtualMachineというJavaの環境上で実行することができるので、Javaにある程度習熟している人であればすぐにscalaを使ってソフトやツールをつくることが可能になります。IT関連の新しい技術が次々と生まれるアメリカで普及しているので、その影響を受けて日本でも十分今後使われる可能性が高いところも魅力です。因みに、このプログラミング言語だと大規模なデータを分析するのに時間がかからないので効率的な作業ができます。他のプログラミング言語と比べて圧倒的に短い量のソースコードしかかかなくてよいので残業をあまりしなくて済みます。

scalaは関数型のプログラミング言語なので、C++やJavaといったプログラミング言語にこれまで習熟してきた人にとっては少し習熟するのに時間がかかることがあります。しかし、一度慣れてしまえばそれ以降の作業量が非常に少なくなるので労働時間も必然的に短くなることは間違いないです。経営的な視点でみても、社員が残業をあまりしないことは良いことなので、プログラマのなかでこの言語を得意とする人が増えるのは非常に良いことです。ビッグデータをマーケティングのために活用する際に、このプログラミング言語に習熟しているエンジニアがいることで、新サービスのリリースまでの期間を短縮化できたりと経営に貢献できることが非常に魅力的でもあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です