多様性はあるScalaの魅力

Javaの次はScala!取得するなら今がチャンス

ITエンジニアの特徴とプログラマについて

ITエンジニアという業種の特徴が職種の多さで、IT業界では専門的な知識・スキルを身に付けたエンジニアによる分業体制が進んでいるので職種も多いのです。主要な専門的職種としてシステムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、サーバーエンジニア、プロジェクトマネージャが挙げられます。当然、職種によって求められるスキル・知識も変わるのですが、特にプログラマ(PG)には厄介な側面があります。プログラマの仕事はシステムエンジニアが作ったシステム・サービスの設計書に基いて、プログラミング言語を用いて開発することです。

このプログラミング言語はscalaやJava、C言語やPHPのようにたくさんの種類がある上に、クライアントによって使用される言語が異なります。更にトレンドによって人気の言語も変わってきますし、言語自体に長所・短所もあるので、どのプログラミング言語を選ぶのかはPGにとって一苦労です。JavaやC言語のような定番の言語を習得してから、scalaやSwiftのようなトレンドの言語を抑えるのが理想的でしょう。

このようにITエンジニアの世界には専門的職種が多いですが、小規模の会社ではシステムエンジニアがPGを兼ねる場合もあります。説明したようにPGは言語習得が大変な職種なので、PGのスキルを集中して磨きたい人は分業体制が進んでいる比較的大規模の会社を選んだ方が良いでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です